ホームパートナー株式会社
9:30~18:30
水曜日
2018年12月23日
ブログ

入居審査って??

こんにちは!ホームパートナー角野です。

今日は、借りる方もオーナー様も知っているようで知らない入居審査についてです。
アパート、マンションを申込をすると、必ず入居審査というものがあります。知っとるけんと言われるかもしれませんが(+o+)

お金さえ支払えば必ず借りる事が出来そうですが実はそうではないのです。

ここでは一般的な審査の流れをご説明させていただきます。

まずは仲介業者の審査があります

これは審査という程ではないのですが、私たちは、ご契約して頂いた後に他の入居者様やオーナー様、近隣の方とのトラブルがあってはいけませんので


・待ち合わせ等の約束を守ってくれない
・話し方や見た目が非常に高圧的
・乗っている車の騒音が異常に大きい
・契約目的が曖昧で不信感がある
・会話で著しく意思疎通ができない


などをオーナーに代わりオーナーのつもりで接しています。

保証会社による審査

その後は保証会社の審査があります。
保証会社とは契約者が家賃を支払えない場合に、契約者に代わり家賃を立替払いしてくれる連帯保証人のような会社です。

保証会社では、本人と連帯保証人の勤務先・勤続年数・年収・滞納歴・犯罪歴等を審査し総合的に判断しているようです。

保証会社の種類

保証会社は大きく『独立系』『保証協会系(LICC)』『信販系』があります。

保証料はいずれも初回に月額30%~50%、年間更新料が10,000円程度となっております。私の見解ですが、会社により審査内容の重要視する項目に若干の違いがあると感じます。


携帯料金の遅延や未納、転勤・転居が多くうっかり滞納してしまった等で大企業にお勤めで年収も高い方が審査落ちする場合もあります。
物件によりますが当社も複数の保証会社と提携しておりますので、1社目が否決でも2社目で承認される場合もあります。

貸主による審査

上記審査が完了した後は貸主による審査となります。
貸主審査は書面の確認程度がほとんどです。

ご記入頂いた申込書をみて


『ほなほれで進めて~』
『良さそうな方でうれしいわ~』
『おまはんに任すわ~』

という承諾をもらって正式に契約へ進みます。
20年前はオーナーの面接がある物件があったと聞きますが今では考えられませんね!

 

管理会社やオーナーにより若干の違いはあります。アパート、マンションはこんな流れで物件や審査は進んでいきます。

 

費用も携帯やマイカーローン等と比べると、保証金額と審査内容の割に良心的だと思います。

どんなご事情もご相談下さい

お部屋探しって、皆様それぞれ理由があってすると思います。
『進学』『就職』『転職』『結婚』『子供が増えて狭くなった』などは問題なく教えて頂けますが、言いにくい理由や喜ばしくない事情もあると思います。


私たちは今まで多くの事情を抱えるお客様のお世話をさせて頂きました。
ちょっとやそっとでは驚いたり諦めたりしませんのでどんな事情でもご相談下さい。

ご相談頂ければお役にたてると思います。

この記事を書いた人
角野 文彦 スミノ フミヒコ
角野 文彦
今までも多くのお客様との賃貸契約、売買契約のお手伝いをさせて頂きました。 一人一人のお客様から頂いたお言葉、笑顔は私たちの原点です。 任せて良かったと思って頂けるよう一生懸命頑張ります!
arrow_upward