ホームパートナー株式会社
9:30~18:30
水曜日
2019年08月30日
ブログ

ついに宅地建物取引士に!

こんにちは!

ホームパートナー角野です!

 

先日、5年に一度の宅建免許の更新に必要な講習を受けてきました!

今までは「宅地建物取引主任者」でしたが「宅地建物取引士」へ

 

今回受講される方も数百人はいたと思います。

朝も早かったせいか、会場は静かで緊張感のある雰囲気。

「これは1日大変だなー」と思いましたが不動産業者の方や、取引先さん、オーナーもいたので安心でした(^^♪

 

有効期間は5年間!

宅地建物取引士証の交付を受けて、交付された宅建士証については、有効期間は5年間となっています。

僕は2回目の更新

10年前のこの時期は寝る間を削って勉強していたのを思い出します。

 

この免許ですが、専任の宅建士として宅建業者に従事している場合や、重要事項説明など、宅建士だけが行なうことのできる業務をしているのであれば、必ず更新をしなければなりません。

宅建業から離れて免許を更新しなくても、また必要になった時講習を受け手続をすれば、宅地建物取引士証を交付してくれるようです。

他の資格は一度でも更新しないと失効したり、更新時も再度試験がある場合がありますが、宅建は法定講習のみでokのようでありがたいですね!

 

講師は!

この法定講習ですが、山盛りのテキストの要点を講師の方が朝から夕方までみっちり説明してくれます。

これだけの量で、内容も多岐にわたります。時間内にこなす為、かなりのスピード。

聞きなれたワードがあったり、直接業務に関する事は、理解出来るのですが、それ以外の事は一瞬でも気を抜くと置いて行かれる程。

眠くなる間もなく、5年ぶりに頭を使った気がします(^^♪

 

特に、宅建協会の偉い方も講演はわかりやすくみんな聞き入っていました!

法令改正も多数あり!

不動産取引は多くの法律による決まり事があります。

もちろん10年前と比べても、選挙が18才から投票に変わったように、宅建業法だけでも変わっている部分がたくさんあります。

その為、5年間の有効期間を設けて取引士としての情報も更新出来るようになってるんですね!

今回も法律改正のポイントと新たな情報も得て、新たに取引主任者から取引士に生まれ変わりました!

 

気持ちも新たにがんばります!

 

この記事を書いた人
角野 文彦 スミノ フミヒコ
角野 文彦
今までも多くのお客様との賃貸契約、売買契約のお手伝いをさせて頂きました。 一人一人のお客様から頂いたお言葉、笑顔は私たちの原点です。 任せて良かったと思って頂けるよう一生懸命頑張ります!
arrow_upward