ホームパートナー株式会社
9:30~18:30
水曜日
2019年11月19日
ブログ

依存症は怖いですね!

こんにちは!
ホームパートナー秋山です!
最近、テレビでは女優さんの違法薬物での逮捕のニュースを多く見ます。
少し前もミュージシャンや俳優さん、大物女優の息子さんなどが違法薬物で捕まってました。
何度も逮捕されたり、長年止めれなかったり、止めても勧めてくる売人がいたりするようです。
一度手にすると依存して止められず、破滅に向かう恐ろしい薬だと良く分かります。

私たちマンション管理業者としてもいろいろな方と接する機会が多く、もしかしてこれは依存症なのでは?と思う事がしばしばあります。

 

【アルコール依存症?】

物件の巡回などで入居者さんと会う機会も多くあります。
昼間は真面目な方で大企業にお勤めですが、夜会ったり電話がかかってくるときは酔っぱらって豹変される方も。
また2週間に1度の空き缶の収集日には「業務用?」と思うほど大量のビールの空き缶があります。
部屋で美味しく楽しく飲むのは良いと思いますが、周辺の方への配慮と体への配慮もして欲しいですね!

 

【ギャンブル依存症?】

毎月の家賃が遅れがちで理由を聞くと「増やして払おうと思ってる」という方も。
中には家族や同僚に借金をしてまでパチンコへ行き、「辞めようとしても行かずにはいられない」と言う方もいました。

「給料が入るとパチンコへ行く」
「家賃や食費、光熱費も払わずパチンコへ行く」
「督促したら嘘をついて支払日を延ばし、パチンコへ行く」

遊びの範囲内でのギャンブルは個人の自由で良いと思いますが、家賃や食費など必要なお金にまで手を出してまで行ってしまうのはいけませんね。
そして私たちの立場では、いかなる理由があれ家賃を払わないのはダメですね。

 

【家賃減額依存症?~大家さん編~】

アパート、マンションは築年数が経過し、入居率が下がります。そうなると大家さんは入居率を上げる為の工夫をしなくてはいけません。
その時、リフォームは一切せず、賃料減額のみで乗り切ろうとする方も。
たしかに新しいうちは大きな出費も無く、賃料を下げるだけで入居率もあがり、収益も上がります。
手っ取り早く入居率を上げられますし、賃料の値下げは悪いことではありません。
しかし値下げのみの経営では、その先に待っているのは・・・。
これも大規模リフォームで多額の出費を嫌がる大家さんの「家賃減額依存症」なのかもしれませんね。

 

【昔の思い出依存症?~大家さん編~】

アパート、マンションへの入居申込が入ると大家さんへ入居申込書を持って行きます。
新築時や新しい時期は賃料も強気でも申し込みが入りますし、お申込み頂く方も高い家賃を支払う事の出来る法人や転勤族、医師や会社役員さんなどでした。
しかし築年数の経過と共に、お申込み頂く方も変化してきますが、どうしても新築時の方々と比べてしまいます。

「聞いた事ない会社に勤めてるんやったら断って」
「連帯保証人2人おらんのやったら断って」
「家賃交渉してくる人や断って」

など、言われる時もあります。
契約なので貸主借主が合意しないと出来ません。
契約するかしないかは貸主である大家さんの判断ですが、上記の様な理由で断られると紹介する側からすると次から紹介しにくくなってしまいます!

 

さて長くなりましたが、いろいろな方がいますね!


秋山の不動産屋あるある
強者もくせ者も変わり者も多い不動産業界
みなさん自分が普通で当たり前と思いがち!

自分も、自分が普通で当たり前と思わず、人の意見を聞き柔軟に考えて対応しないといけませんね!

この記事を書いた人
秋山 龍太郎 アキヤマ リュウタロウ
秋山 龍太郎
海部郡出身・徳島大学卒の秋山です! 私は大学時代・社会人になってたくさんの引越を経験しました。 自分の経験を活かして丁寧にご案内させて頂きます。 アパート、マンションの事ならお任せ下さい!
arrow_upward